ネットワークビジネスのサイトはブランディング化が重要

ブランディング

ネットワークビジネスでサイト(ホームページ)を
作り上げていくときに意識しなければいけない
ことがあります。

何もサイトに限ったことではないのですが、
人間が生きていく上でも意識した方がいいかもしれません。

それはなにか?

それはブランディングです。


例えば、私が住んでいる浜松は「楽器とオートバイ」が有名です。

ピアノといえば、ヤマハやカワイが有名ですが、
浜松にはもう一つトーカイというピアノがあります。

ピアノではありませんが、ハモンドオルガンってご存知ですか?
これも浜松で作っているんですよ。

ピアノを買うときは、ヤマハというだけで安心して買ってしまいます。

トーカイといっても「なにそれ?」って言った感じですよね。


実際は商品的にはヤマハと比較しても遜色のない良い商品ですが、
ブランド力すなわち知名度が劣る為、お客様からすれば、
「買っても大丈夫かな?」と心配になってしまいます。

そこで重要なのがブランディングです。

ネットワークビジネスはブランディング化を考えたサイトを作る

ネットワークビジネスを行うときはブランディング化を考えたサイトを
作ることを意識しないといけません。


ブランディングはピアノという物ばかりでなく、人間にもいえることです。
その最たるものが俳優や女優というわけです。

本名は、小田剛一さんというのですが、高倉健というブランド
のほうが私たちには馴染みがありますよね。

寡黙で男らしいといえば健さんですよね。


健さんの私生活は生前はほとんど知られていませんでした。
高倉健というブランドイメージを自分でわかっていたからです。
スキャンダルを嫌がるのもそのためです。


さて、話を本筋にもどしますね。

サイトのブランディング化を考えるとき、ちょっと先の流れ(haik)を
意識すると具体的には二つ考えられます。


一つはサイトのタイトルとアイキャッチ写真

もう一つはサイトデザイン(テンプレートと色)

になると考えられます。


タイトルはネットワークビジネスであれば、「ネットワークビジネス何々」
としないと検索されにくくなります。

また、使う色の種類を多くすると、昔の映画館の看板みたいに
ど派手になってしまい、かえってイメージが悪くなってしまいます。


サイトの場合はページ数が多くなりますから、各ページのデザインや
色目は統一したほうがいいですね

先の高倉健さんのように、人は何回も同じもの(イメージ)を目にすると
すぐ理解できて好感を持つようになります。

なのでデザインは必ず統一する必要があります。


また、サイト名もできれば、見た人の印象に残るようにするといいですね。
サイトを再訪した人が検索する時迷わないようにしなければいけません。
サイトとブログの大きな違いがここにあります。


なのでブログだけでネットワークビジネスを長期的に行うことは
無理がでてきます。
私がよく言うホームページを資産化することはブログではできません。


サイトのブランディング化でもう一ついうならば
あなた自身もサイトのブランディング化と一体になることが
大切なことかもしれません。


そうすることでサイトが高倉健さんのように他を寄せ付けない
圧倒的なパワーをもつことができると思います。




資料請求はこちら

a:433 t:1 y:0